エパデールT

  • 中性脂肪異常改善薬
  • 要指導医薬品

境界領域の中性脂肪値を下げる
※健康診断等で指摘された方

    エパデールTは、医療用成分のイコサペント酸エチルを主成分とし、健康診断等で指摘された境界領域の中性脂肪値を改善します。

    ●イコサペント酸エチルには、肝臓での過剰な中性脂肪合成を抑え、血中の余分な中性脂肪の代謝をはやくして中性脂肪の高値を改善する作用があります。その他、動脈のしなやかな弾力性を保持する作用や、血小板の凝集をおさえ血流をスムースな状態に導く作用があります。

    ●脂質代謝のバランスが崩れて血中の中性脂肪が異常に増えた状態を改善することは、生活習慣病や心血管疾患等の動脈硬化性疾患を発症するリスクの軽減につながります。
効能・効果
健康診断等で指摘された、境界領域注)の中性脂肪値の改善
注)「境界領域」:健康診断などにおいて中性脂肪が正常値よりもやや高めの値(150mg/dL以上300mg/dL未満)を指す
用法・用量
次の量を食後すぐに服用してください。
成分 1包中
イコサペント酸エチル 600mg
添加物:トコフェロール、ゼラチン、D-ソルビトール、グリセリン、パラベン
このようにお飲みください
包装 希望小売価格
(消費税抜)(円)
42包 5,524

[使用期限表示品]