パブロンN

  • 製造終了商品
  • 指定第2類医薬品

かぜによる発熱・のどの痛みなどに

    パブロンNは、解熱鎮痛成分・イブプロフェンを配合し、熱や痛みのもととなるプロスタグランジンの生成をおさえ、特にかぜによる発熱・のどの痛みによく効きます。

    ●鎮咳薬、抗ヒスタミン薬の他、発熱やせきなどで消耗しやすいビタミンB1・B2配合。

    ●のみやすい小型のカプセル剤です。
効能・効果
かぜの諸症状(発熱、のどの痛み、悪寒、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み、鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、せき、たん)の緩和
用法・用量
次の量を食後なるべく30分以内に服用してください。
成分 2カプセル中
イブプロフェン 150mg
マレイン酸カルビノキサミン 2.5mg
ジヒドロコデインリン酸塩 6mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 20mg
グアヤコールスルホン酸カリウム 80mg
無水カフェイン 25mg
チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩) 8mg
リボフラビン(ビタミンB2 4mg
添加物:無水ケイ酸、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、酸化チタン、黄色5号、ラウリル硫酸Na、ゼラチン
包装 希望小売価格
(消費税抜)(円)
20カプセル 1,980

[使用期限表示品]