大正漢方胃腸薬<錠剤>

  • 胃腸薬
  • 第2類医薬品

胃のもたれ・不快感に《安中散+芍薬甘草湯エキス末配合》

    大正漢方胃腸薬〈錠剤〉は、安中散と芍薬甘草湯の組み合わせにより、ふだんから胃腸が弱く、不規則な食生活や夏バテなどが原因の不調や、食欲が出ないといった方に適した胃腸薬です。

    ●「安中散」が衰えた胃腸のはたらきを改善し、「芍薬甘草湯」が胃腸の筋肉の異常な緊張をやわらげ、胃痛や腹痛等をしずめます。

    ●服用しやすい小型の錠剤です。
効能・効果
胃のもたれ、胃部不快感、胃炎、胃痛、げっぷ、食欲不振、腹部膨満感、胸つかえ、胸やけ、胃酸過多、腹痛、はきけ(むかつき、悪心)
用法・用量
次の量を食前又は食間に水又はぬるま湯で服用してください。
成分 4錠中
ケイヒ(桂皮) 200mg 安中散 700mg
(左記生薬の混合粉末)
エンゴサク(延胡索) 150mg
ボレイ(牡蠣) 150mg
ウイキョウ(茴香) 75mg
シュクシャ(縮砂) 50mg
カンゾウ(甘草) 50mg
リョウキョウ(良姜) 25mg
シャクヤク(芍薬) 280mg 芍薬甘草湯エキス末 140mg
(左記生薬の抽出乾燥エキス末)
カンゾウ(甘草) 280mg
添加物:ヒドロキシプロピルセルロース、無水ケイ酸、乳糖、ステアリン酸Mg、硬化油
包装 希望小売価格
(消費税抜)(円)
220錠 2,600
160錠 1,980
100錠 1,450
60錠 970

[使用期限表示品]

取扱店について
「ここに掲載されている製品は、一部お取扱いのないお店がございますので、
お求めの際はお近くのお店にお問い合わせ願います。」