ナロンエースプラス

つらい生理痛に速くよく効く。しかも胃にやさしい

ナロンエースプラスは、生理痛や頭痛などの痛みのもとをブロックするイブプロフェンと、痛みの伝わりをブロックするエテンザミドの相乗効果で、優れた鎮痛効果を発揮します。

●2種類の解熱鎮痛成分に加え、鎮痛作用を助けるブロモバレリル尿素と無水カフェインの他、胃粘膜を保護する乾燥水酸化アルミニウムゲルを配合。

●服用しやすい小型の錠剤です。

※ご購入できる薬局・薬店が限られていますので、大正製薬お客様119番室にお問合せください。



効能・効果

☆頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・腰痛・肩こり痛・筋肉痛・関節痛・打撲痛・ねんざにともなう痛み(ねんざ痛)・骨折痛・外傷痛・神経痛・咽喉痛(のどの痛み)・耳痛の鎮痛
☆悪寒(発熱によるさむけ)・発熱時の解熱


用法・用量

次の量をなるべく空腹時をさけて水又はぬるま湯で服用してください。服用間隔は4時間以上おいてください。

年令 15才以上 15才未満
1回量 2錠 服用しないこと
服用回数 1日3回まで

成分 2錠中

イブプロフェン 144mg
エテンザミド 84mg
ブロモバレリル尿素 200mg
無水カフェイン 50mg
乾燥水酸化アルミニウムゲル 66.7mg(6錠中200mg)
添加物:無水ケイ酸、ヒドロキシプロピルセルロース、セルロース、ヒプロメロース、クロスCMC-Na、ステアリン酸Mg、乳糖、タルク、青色1号

包装 希望小売価格(税込)
32錠(8錠シート×4枚) 1,342円
16錠(8錠シート×2枚) 770円

[使用期限表示品]


よくある質問

新型コロナウイルス感染症で自宅療養中の発熱や痛みに対して、ナロンシリーズを服用しても良いですか?

服用可能です。
使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って服用してください。
なお、下記のような場合には主治医や薬剤師にご相談ください。

・他のお薬を内服している場合や、妊娠中、授乳中、ご高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下など病気療養中の場合(飲める薬が限られていることがあります。)
・薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
・激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合

詳しくは厚生労働省の案内をご参照ください。
健康や医療相談の情報 | 厚生労働省

子ども(15才未満)の新型コロナワクチン接種直後のワクチンによる発熱や痛みに対し服用できる解熱剤(解熱鎮痛薬・鎮痛剤・痛み止め)はありますか?

アセトアミノフェン配合のナロン錠は8才から、ナロン顆粒は1才から服用いただけます。
年令によって、服用量が異なりますので、使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
なお、イブプロフェンやロキソプロフェン配合製品は15才以上しか服用できません。
(ナロンエースシリーズやナロンLoxyなど)

詳しくは厚生労働省の案内をご参照ください。
厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A
ワクチンの安全性と副反応
コラム:子どもへの新型コロナワクチン接種の考え方と副反応への対処法

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種直前に痛みや発熱でナロンシリーズを服用しても良いですか?

接種をご希望で、現在痛みや発熱等の症状がある場合、解熱鎮痛薬を服用する前に医療機関にご相談ください。

なお、新型コロナウイルス感染症のワクチンを受けた後、症状が出る前に、解熱鎮痛薬を予防的に繰り返し内服することについては、現在のところ推奨されていません。

「厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A > ワクチンの安全性と副反応

新型コロナワクチン接種直後のワクチンによる発熱や痛みに対しナロンシリーズを服用しても良いですか? 

服用可能です。

厚生労働省の新型コロナワクチンQ&Aにおいて「市販の解熱鎮痛薬」の例示として、アセトアミノフェンや非ステロイド抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)が挙げられており、ナロンシリーズはすべて該当いたします。なお、使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って服用してください。

詳しくは厚生労働省の案内をご参照ください。

「厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A > ワクチンの安全性と副反応「ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでもよいですか。

なお、ナロンシリーズを服用する前に説明書をよくお読みください。


JANコードを表示
包装
32錠(8錠シート×4枚)
梱包サイズ
W90×D25×H50mm
包装
16錠(8錠シート×2枚)
梱包サイズ
W90×D20×H50mm

PDFダウンロード

外国語製品一覧 Product Info/产品信息/產品資/제품정보

この製品詳細ページの要約

全製品詳細ページの要約

製品に関するお問い合わせ

ここに掲載されている製品についてのお問い合わせ先はこちらになります。
お問い合わせの内容を正確に承るとともに回答の内容を確認するため、お客さまとの通話は録音しております。
予めご了承下さい。
番号をよくお確かめの上、お間違いのないようおかけ下さい。
 
大正製薬 お客様119番室
03-3985-1800 受付時間:8:30~17:00(土・日・祝日を除く)

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、お電話での受付時間を変更しております。

上記以外の場合、偶発的な飲酒、誤用、過剰取り込みなどの緊急の問い合わせは、以下の専門機関が利用できます。

(財)日本中毒情報センター 中毒110番
072-727-2499 (24時間365日利用可能)