クリニラボ へパリオローション

乾燥肌を治す

クリニラボ ヘパリオローションは、3つの有効成分が、乾燥で荒れた肌を修復するローションタイプの皮膚用薬です。
 
・ヘパリン類似物質(保湿・抗炎症・血行促進作用)
  角質層構造を整え、肌内部の水分を保持

・アラントイン(皮膚修復・抗炎症作用)
  乾燥により荒れた肌組織を修復

・トコフェロール酢酸エステル(血行促進作用)
  血行を促進し、組織修復を促進

●無香料。さっぱり・よくのびるローションタイプです。

 

※ご購入できる薬局・薬店が限られていますので、大正製薬お客様119番室にお問合せください。



効能・効果

手指の荒れ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛


用法・用量

1日1~数回、適量を患部にすりこむか、又はガーゼ等にのばして貼ってください。

用法・用量に関連する注意
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)目に入らないよう注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。
※出血のある傷口には使用しないでください(血が止まりにくくなることがあります。)
※顔面にある傷あと、やけどのあとには使用しないでください。
(4)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。


成分 (100g 中)

ヘパリン類似物質 0.3g
アラントイン 0.2g
トコフェロール酢酸エステル 0.5g
添加物:プロピレングリコール、dl-ピロリドンカルボン酸Na、ミリスチン酸イソプロピル、セトステアリルアルコール、ポリソルベート60、ポリオキシエチレンベヘニルエーテル、パラベン、エデト酸Na、BHT、pH調節剤、ヒアルロン酸Na

こんなときに

・お風呂あがりの乾燥対策に
・粉ふき・ガサガサの手足に
・メイク前のお手入れとして
・赤ちゃんの保湿に
・気になる傷ややけどのあとに


使用上の注意

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1. 次の人は使用しないでください
(1)出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の人。
(2)わずかな出血でも重大な結果をきたすことが予想される人。
(血液凝固抑制作用を有し出血を助長するおそれがあります)
2. 次の部位には使用しないでください
  目、粘膜(口腔、鼻腔、膣など)

■相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2. 使用後、皮ふに発疹・発赤、かゆみ、はれ、紫斑の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
3. 5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。


保管及び取扱い上の注意

(1)本剤のついた手で、目などの粘膜に触れないでください。
(2)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。


お好みに合わせて選べる2タイプ

ローションタイプの他に、しっとり、べたつきにくいクリームタイプもございます。

 

Print

包装 希望小売価格(税込)
60g 1,518円
JANコードを表示
包装
60g
梱包サイズ
W50×D40×H117mm

PDFダウンロード

この製品詳細ページの要約

全製品詳細ページの要約

製品に関するお問い合わせ

ここに掲載されている製品についてのお問い合わせ先はこちらになります。
お問い合わせの内容を正確に承るとともに回答の内容を確認するため、お客さまとの通話は録音しております。
予めご了承下さい。
番号をよくお確かめの上、お間違いのないようおかけ下さい。
 
大正製薬 お客様119番室
03-3985-1800 受付時間:8:30~17:00(土・日・祝日を除く)

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、お電話での受付時間を変更しております。

上記以外の場合、偶発的な飲酒、誤用、過剰取り込みなどの緊急の問い合わせは、以下の専門機関が利用できます。

(財)日本中毒情報センター 中毒110番
072-727-2499 (24時間365日利用可能)